精力剤として「牡蠣肉エキス」をおすすめする理由を解説

精力剤として「牡蠣肉エキス」をおすすめする理由を解説

12view

2018.06.28

精力減退の理由

精力はどうして減退するの?

日常生活の中で私たちの心と体には、気づかない間に様々な負荷がかかっています。その負荷は、私たちの心と体に気づかないうちに様々な影響を与えています。それは、男性の精力減退にも大きな影響を与えています。今回は、その原因を探り、その対策としておすすめの精力剤である牡蠣肉エキスについてご紹介いたします。

精力減退の最も大きな原因とは?

加齢は、男性の精力減退の最も大きな原因です。加齢は、男性の精力を減退させる最も大きな原因です。個人差はありますが、30歳~40歳を過ぎた頃からホルモンの一種であるテストステロンの分泌が少なくなります。

このテストステロンは、体にエネルギーを与えて性的な欲求や興奮を起こし、勃起を促し、精子の量と勃起を持続する力を与えます。しかし、加齢とともにこのテストステロンが減少するに伴うため、これらの効果が減退していきます。

精力減退に精神的な負担は影響するの?

ストレスなどは精神的な負担です。多くの人は、生活の中で不安や緊張、プレッシャーなどストレスを少なからず感じて生きています。人間にとって適度なストレスは必要ですが、日々、それらのストレスをコントロールして適度に留めることは困難なことです。そのため、それらのストレスの多くはマイナスに働いてしまいます。

そのことにより、自律神経は乱れます。ストレスがかかっている状態のとき、体は交感神経が活発になります。しかし、副交感神経が働いているときはペニスの勃起は起こりやすいといわれています。それは、心身はリラックスしている状態だからです。

そのため、日々、ストレスを感じていることが多いと交感神経が活発になる時間が長くなり、勃起を妨げることに繋がるのです。また、ストレスは、先ほど述べたテストステロンの分泌にもマイナスの影響を与えます。

生活習慣の乱れは精力減退に関係するの?

生活習慣の乱れも、精力減退にマイナスの影響を与えます。原因は様々ですが、その中でも運動不足、睡眠不足、食生活の乱れなどが挙げられます。

運動不足 

先ほど述べたように、ペニスの勃起にはテストステロンが重要な働きを担います。そのテストステロンは、脳からの指令により分泌されます。運動を行うと筋肉の組織が破壊され、その修復のためにテストステロンは用いられます。

そして、そのために用いられたテストステロンを補うため、更にテストステロンを生産するよう脳から精巣や副腎に指令がいきます。このメカニズムにより、テストステロンが分泌される量は運動を行う前よりも増加します。そのため、運動不足の状態が続くことはこの活動が妨げられるため、精力減退に影響します。

睡眠不足 

睡眠は、体力の回復やストレス軽減、また男性ホルモンである成長ホルモンの分泌にも関係します。これらのことは、とても良い影響を精力にも及ぼします。しかし、その睡眠が十分に行われないと、これらの効果は損なわれてしまいます。

食生活の偏り 

近年、忙しい生活を送り、利便性を求めるライフスタイルによってインスタント食品や加工食品、外食などの食生活が生活の中に深く浸透してきています。しかし、その食生活が中心となってしまうと、栄養のバランスは偏ってしまい自律神経の乱れや代謝機能の低下や血行不良、また肥満の原因になります。

これらは、勃起に必要な血流の流れを悪くします。また、肥満は慢性的に血糖値の上昇を促して高コレステロールの状態を招き、それらはテストステロンの分泌を抑える働きをします。そのため、テストステロンの分泌にマイナスの影響を与えます。

精力を増進させ精力減退を防ぐには

精力減退を防ぐためにできることは?

このように、精力減退の原因には様々な理由が深く絡み合っています。毎日の生活の中で、これらの原因を全て取り去るということはとても困難です。日々の小さな努力と同時に、精力増進に効果のある栄養素を摂取することで、これらのマイナスとなる原因にアプローチして補うことができます。

どんな栄養素が精力増進に重要なの?

精力の増進に効果のある代表的な栄養素があります。代表的な栄養素は、亜鉛、アルギニン、シトルリン、ビタミンB群、セレンです。その中でも、亜鉛は精子の質や量に大きな影響を与えています。

亜鉛が不足すると、精巣の精細管の委縮に影響を与えるなど、精子の生成やホルモンの分泌にマイナスの影響を与えるといわれています。それは、性欲の低下や勃起時の硬度の不足、持続力の低下にも影響を与えます。このことからも、亜鉛は精力に欠かすことができない栄養素だといえるでしょう。

亜鉛が多く含まれる食品とは?

亜鉛が多く含まれる食材は様々なものがあります。代表的なものは、牡蠣、煮豚レバー、赤身の肉、小麦ふすま、かぼちゃの種などが挙げられます。

その中でも、特に牡蠣にはとても豊富な亜鉛が含まれていることが分かっています。男性の場合、大ぶりな牡蠣4個を食べることで、推奨されている一日に必要な10mgの亜鉛を摂取することができます。

効果的な亜鉛の摂取方法は?

無理なく効果的に亜鉛を摂取する方法はないの?

日常生活の中で、推奨されている亜鉛の摂取量である10gに相当する牡蠣4個を毎日食べ続けることは困難です。そんなときに牡蠣から抽出された「牡蠣肉エキス」をサプリメントとして摂取することは、精力増進に効果的な亜鉛を、無理なく日々摂取することができます。

牡蠣肉エキスの主な原産国はどこ?

牡蠣肉エキスの原料となっている牡蠣の水揚げは国内が中心となっています。その中でも、特に広島県や宮城県は高い水揚げ量を誇っています。また、牡蠣の水揚げ量が代表的な国として韓国があげられ、輸入も行われています。

どのような製法で牡蠣肉エキスは作られているの?

牡蠣をじっくりと煮詰め、そのことによって牡蠣肉エキスは濃縮され抽出されます。また、圧力酵素分解という手法もあります。冷凍された生牡蠣の酵素を使用して分解することで、食品添加物や食塩を使用せずに作ることができます。

この手法は、アミノ酸などの栄養素も高い濃度で凝縮することができるため、従来の方法よりも鮮度の高い分解ができることがわかっています。

牡蠣肉牡蠣肉エキスの効果と副作用

牡蠣肉エキスから得られる効果とは?

牡蠣肉エキスには、精力増進に関係する生殖器の向上に効果があります。他にも、体全体に良い影響を与えることが分かっています。その理由は亜鉛をはじめ、アミノ酸やビタミンも多く含まれているからです。

これらは新陳代謝を活発にして血液循環を向上させ、疲労の回復を助けます。これらのことは、精力増進にも大きく影響を与えます。また、その他にも免疫機能や肝機能の向上に効果があることも分かっています。

牡蠣肉エキスによる副作用はないの?

牡蠣肉エキスは、過剰な摂取において副作用の心配があることが分かっています。牡蠣に多く含まれる亜鉛は過剰に摂取することによって、神経障害を引き起こすといわれています。それは、脳からのシグナルが伝わりにくくなることが原因として考えられています。

また、過剰摂取や、人によっては吐き気や下痢、腹痛を起こすケースが報告されています。その原因として、牡蠣肉エキスに豊富に含まれるタウリンが関係しているといわれています。基本的に不要なタウリンは、腎臓で分解されて尿として排出されることから副作用はないとされています。

しかし、過剰摂取によりそのような病状を感じるケースもあるようです。また、タウリンは胃酸の分泌を促進する効果もあります。過剰摂取によって過剰に胃酸が分泌され、胃潰瘍になる危険性も懸念されています。その他にも、牡蠣肉エキスに含まれるミネラルも、過剰に摂取すると体に負担をかけます。

これらのことからも、過剰摂取はせっかくの優れた栄養素が身体に悪影響を与える結果となってしまいます。長期的にこのような過剰摂取を繰り返さない限り、強い心配はありませんが、短期的な過剰摂取からの良い効果は望めません。そのため、必ず摂取量を守って長期的に摂取することをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る