精力回復におすすめの精力剤はヨヒンビン!その効果効能と特徴

精力回復におすすめの精力剤はヨヒンビン!その効果効能と特徴

9view

2018.06.28

注目されているヨヒンビンとはどんな精力剤?

年齢を重ねるにつれて男性機能は衰えてきます。また若者や働き盛りの年代でも、精神的ストレスや肉体的疲労などによって男性機能が発揮できない場合もあります。このような時に頼りになるのが精力剤です。

精力剤には色々な製品がありますが、最も有名なのはバイアグラやレビトラやシアリスでしょう。これらの精力剤は即効性が特徴です。その他にも栄養ドリンク系のレッドブルなどもありますが、これは精力剤というよりは強壮剤の部類に入ります。

バイアグラを代表とする精力剤は即効性があるので勃起薬ともいわれます。一時的にペニスが元気になりますが、根本的に精力が回復するわけではありません。

今注目されている精力剤のヨヒンビンはこれらの勃起薬や強壮剤とは違って男性ホルモンを補強し、一時的な勃起力ではなく勃起の維持能力を高めることができるのです。具体的にヨヒンビンにはどのような効果効能があるのか、さらに用法や副作用などについても説明しましょう。

ヨヒンビンの効能について

滋養強壮効果がある

ヨヒンビンはバイアグラなどがまだ世の中に出回る以前から、勃起薬として使われていました。成分は西アフリカに自生しているヨヒンベという植物に含まれており、現在ではFDA(米国食品医薬品局)によってインポテンツ改善薬として承認されています。

ヨヒンビンはペニスに流入する血液の量を増やすことができるので、自律神経に働きかけて性器を刺激。男性用精力剤としてエネルギーとスタミナを増強することができます。

強力な催淫効果がある

ヨヒンビンの元であるヨヒンベという植物の樹皮から抽出される成分には滋養強壮の効果だけでなく、催淫剤としての強力な効果も含まれています。その効果は自然界に存在する最も強力な媚薬といわれており、男性機能の回復に大きな役目を果たしています。

心因性のEDに効果がある

男性機能に異常はないのに性行為になると勃起不全になる男性が増えています。特に20代から30代に多く、心因性のED(勃起機能の低下)といわれています。原因はストレスや疲労などですが、ヨヒンビンはこのような心因性EDにも効果があります。

また性格的に緊張しやすい人も一時的にEDになりますが、そのような場合もヨヒンビンは効果的です。

なぜ心因性EDに効果があるかというと、心因性の人は交感神経が働いて生殖系の運動を制御してしまうのです。アドレナリンという興奮物質を分泌して勃起を阻害するのです。

ところがヨヒンビンには交感神経よりも副交感神経を活発にする働きがあります。アドレナリンの分泌を制御して過度の緊張状態を抑え、勃起を促すことができるのです。

ダイエット効果がある

ヨヒンビンの思わぬ効果としてダイエットがあります。ヨヒンビンには脂肪酸の代謝を促す効果があるため、身体の脂肪分を減らすことが可能。また、ヨヒンビンには食欲減退効果もあるといわれています。ヨヒンビンを体内に摂取することで食欲が減退、ダイエットにつながるということです。

このように、ヨヒンビンには勃起力を高めるだけでなく食欲減退や体脂肪の減少によって、男性にとっては一石二鳥というありがたい効果があります。

便秘を解消する効果がある

なぜ便秘に効果があるのかはわかっていませんが、実際にヨヒンビンを服用した人の多くは便秘が改善しています。ヨヒンビンは血流を良くする働きがあるため、腸などの消化器官の働きが促されるのではないかといわれています。

ヨヒンビンを使用する時の注意点

ヨヒンビンは医薬品である

ヨヒンビンは効き目が強いので劇薬に指定されており、医薬品扱いになっています。そのため、医師の処方箋のもとでしか使用することができません。ところが海外では医薬品ではなくサプリメントとしての扱われ方をしているのです。

しかし、個人輸入などでヨヒンビンが含まれたサプリメントを取り寄せて服用した場合、健康被害の恐れがあるので注意が必要です。ヨヒンビンを使用する場合は必ず医師に相談するようにしてください。

飲む量を増やしても効果は同じ

精力剤の服用で多くの人が誤解しているのは、たくさん飲めばそれだけ効果もアップするだろうという思い込みです。

しかし、ヨヒンビンは飲む量を増やしても勃起能力を高める効果はなく、かえって副作用の危険が増してしまいます。ヨヒンビンは劇薬に指定されているので、医師の処方のもとで飲む量を厳密に決めなければなりません。

ちなみにFDA(米国食品医薬品局)では、勃起不全の患者に1日3回、10週間飲み続けさせる実験をしたところ、患者の62パーセントに改善効果があったと報告されています。

摂取量の目安

ヨヒンビンを服用する時は医師や薬剤師に相談する必要がありますが、副作用の影響を受けない摂取量の目安は1日に5ミリグラムまでとなっています。それ以上服用しても効果がないばかりか、副作用が出て危険です。

起こりやすい副作用

ヨヒンビンを使用した時に比較的起こりやすい副作用として、心拍数の上昇、血圧の増大、めまい、頭痛、興奮、神経過敏、情動不安などが報告されています。

特に注意が必要なのは血圧への副作用です。適量の服用では血流を良くして勃起を促す効果がありますが、過剰摂取すると逆に血管の拡張作用が強くなって急激な血圧低下を引き起こすことがあります。

まれに起こる副作用

まれに起こる副作用としては、吐き気、嘔吐、皮膚の潮紅、発汗、痙攣などの症状があります。皮膚の潮紅というのは皮膚症状の一種で、顔が赤みを帯びて赤ら顔になったり、手足の指や手のひらなどが赤くなったりします。これらの症状が起こったら、速やかに使用をやめて医師に相談してください。

痙攣を引き起こすと呼吸麻痺を発症したり、心肺停止の恐れもあったりするので要注意です。

妊婦や子どもは服用できない

ヨヒンビンは男性だけでなく女性にも効果があります。女性の場合はダイエットのために服用するケースが増えています。ただし劇薬に指定されるぐらい強い成分なので妊娠中の女性や授乳中の女性は服用することを禁じられています。子どもについても同様で、成長過程にある思春期の年代も服用は禁じられています。

安心してヨヒンビンを摂取する方法

サプリメントを使用する

ヨヒンビンの成分が含まれているサプリメントは医薬品として販売されていますから、注意書きを読んでそれに従って服用することが大切です。適切な量を服用すれば過剰摂取の心配はありません。

ただし、個人輸入や輸入代行業者などから海外のサプリメントを購入する場合は成分が不明だったり、適量がわからなかったりする場合があるので注意が必要です。

表記名に気をつける

一般的にはヨヒンビンという表記名が通用していますが、製品によってはヨヒンベという表記の製品もあります。どちらも基本は同じ成分ですが、そうとは知らずに併用してしまう可能性もあります。

同じ成分を併用すると過剰摂取する恐れが高くなりますから、長く服用を続ける場合は医師と相談の上で1つの種類を服用した方が安心です。

複数の精力剤を併用しない

ヨヒンビンはたくさん飲んだからといって効果が上がるわけではありません。逆に過剰摂取で副作用の恐れが出てきます。世の中にはより効果を求めて複数の精力剤を併用するケースも見られます。

しかし精力剤に限らず、複数のサプリメントを併用するのは健康に影響を与える可能性があります。厚生労働省でも、1度に多種類の健康食品を摂取することに注意を促しています。

正しい精力剤の飲み方は、1つのサプリメントにこだわって長く続けることです。それによって、そのサプリメントの効果がチェックできるのです。

海外のサプリメントは日本人には強すぎる

医師に処方してもらうのが恥ずかしかったり面倒だったりで、輸入代行業者を通してヨヒンビンの含まれた海外のサプリメントを購入する人も多いです。海外のサプリメントは作用が強すぎるものが多く、日本人の体質に合わないことがあります。過剰摂取しなくても副作用が出る恐れがあるので注意が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る