男の自信を取り戻せ!精力剤を飲んでストロングパワーを得よう

男の自信を取り戻せ!精力剤を飲んでストロングパワーを得よう

23view

2018.06.28

現代はストロングパワーを失いやすい

メンタルからストロングパワーを失う

ストロングパワーは英語でstrong powerと表記します。力が強いことを指します。男の人はいろいろな力強さを求めますが、精力もその1つではないでしょうか?精力におけるストロングパワーは非常に重要です。セックスがうまくいかなければ、パートナーとの関係は悪くなってしまうからです。

しかし現代社会では精力を失う人が多くなっています。精力を失う理由は様々ですが、その1つはストレスです。精力とメンタルは大きな関係があります。特に若い人の勃起不全の原因の多くはメンタルだとされているのです。

生活習慣や食習慣から血行不良になってストロングパワーを失う

現代社会では運動不足や不規則な食生活を送っている人も多いです。運動不足は血行不良を招きます。不規則な食事も同様です。決まった時間に食べず、好きな時に食事をしていると、胃や肝臓、腎臓などの内臓を休めることができません。

そうなると、絶えず血流が内蔵に使われてしまいます。内臓に血流を多く使われてしまうと、他の部分で血行不良が起きるのです。特に末端は血流が行き渡りづらくなります。男性器も行き渡りづらい部分の1つです。

血行不良は勃起不全を招きます。これはとても単純なことで、勃起時は陰茎の海綿体に血液が回ることで硬い状態になるのです。そのため、男性器に回る血液の流れが悪ければ勃起不全となり、やがて精力は減退していくのです。

血行不良が良くないのはそれだけではありません。男性器に十分に血液が行き渡れば、栄養と酸素が細胞に届き、新陳代謝することができます。細胞は細胞分裂を盛んに行って若々しい状態を保つことができるのです。

しかし血液が十分に男性器に行き渡らなければ、細胞の新陳代謝が悪くなり、男性器は老化した元気のない状態になってしまうのです。やがて精力は減退していってしまうでしょう。

生活習慣や食習慣は男性ホルモンに影響を与えて精力を失う

生活習慣や食生活は男性ホルモンに影響を与えます。そこからストロングパワーを失うこともあります。寝不足やストレスがかかった状態は、自律神経のうちの交感神経が優位に働いた状態となります。自律神経は脳の視床下部でコントロールされているのですが、脳の視床下部は男性ホルモンの分泌にも影響を与えているのです。

適度に交感神経が働いている状態は男性ホルモン・テストステロンを増やします。テストステロンは精力に大きく関係しますので性的な欲求が強まります。しかし過度にストレスや寝不足になると、テストステロンの分泌が悪くなってしまうこともあるのです。そうなると精力減退してしまうのです。

さらに、食生活が乱れて栄養不良になると、5αリダクターゼという酵素を阻害することができません。5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という活性化男性ホルモンになります。ジヒドロテストステロンは前立腺肥大の原因とされていて、前立腺肥大も精力減退の原因の1つです。

また、運動不足だと体内からジヒドロテストステロンが排出されません。そのため前立腺肥大は悪化してしまい、やはり精力減退につながるのです。

ストロングパワーを得る方法

ストロングパワーを得るにはスクワット

活性化男性ホルモン・ジヒドロテストステロンを体外に排出するためには運動が必要です。有酸素運動を取り入れて、ジヒドロテストステロンの排出を促しましょう。有酸素運動を行うなら、テストステロンを増やすような運動がよいです。

テストステロンを増やすための運動としてはスクワットがおすすめです。テストステロンは下半身の筋肉に負荷をかけると、多く分泌されます。ですからスクワットを定期的に取り入れるのはよいでしょう。

両足の歩幅を肩幅から少し広めにとって、両手は後頭部に組みます。そしてゆっくりと膝の曲げ伸ばしを行いましょう。1セット5~10回を1日2~3セット行うとよいです。

こうした運動は血行不良を改善します。血行不良が改善されれば、十分に栄養と酸素が男性器に行き渡り、精力増強につながるのです。

また、適度な運動はストレス解消につながります。軽い運動は自律神経のうちの副交感神経が働きます。リラックスした状態になり、メンタルからくる精力減退を期待できるでしょう。

ストロングパワーを得るツボ商陽

ストロングパワーを取り戻すツボもありますので定期的に指圧しましょう。精力増強につながるおすすめのツボは商陽(しょうよう)といいます。両手の人差し指の親指側、爪の下端の部分です。揉むように指圧しましょう。

ストロングパワーを得る栄養素

ストロングパワーを取り戻すための基本栄養素は5つです。亜鉛は精子の量に大きく関わっていることがわかっています。亜鉛が少ないと、精巣の精巣管が収縮し、精子が作れなくなるのです。さらに亜鉛は精子の素にもなります。ですから亜鉛不足になると精子の質も悪くなるのです。亜鉛は牡蠣や豚レバーに多く入っています。

アルギニンもストロングパワーを取り戻すための重要な栄養素です。精子の80%はアルギニンでできていますので量と質に大きな影響を与えます。アルギニンはナッツ類に多く入っています。

シトルリンは血管拡張作用があり、血流改善を期待できる成分です。シトルリンは体内に吸収された後は、アルギニンになります。シトルリンはスイカに多く入っています。

ビタミンB群もストロングパワーを取り戻すために取り入れたい成分です。ビタミンB群は「心の栄養素」ともいわれています。ストレスを減らしたり、リラックスさせたりできるのです。メンタルも精力減退の大きな原因ですのでぜひ取り入れていきましょう。ビタミンB1は豚肉に多く入っています。

ビタミンB5の摂取にはレバーがおすすめです。ビタミンB6はサンマなどの青魚に多く入っています。ビタミンB12は牛レバーに多く入っています。

セレンも精力増強につながる成分です。研究によると、セレンが不足すると生殖能力が失われます。ですからセレンを取り入れてストロングパワーを取り戻しましょう。セレンは青魚に多く入っています。

ストロングパワーは精力剤で得るのがよい

ストロングパワーを得るために必要な栄養を紹介しましたが、全ての栄養を定期的に取り入れるのは難しいです。そこで、精力剤で取り入れることをおすすめします。精力剤はストロングパワーを取り戻すための基本的な栄養素が入っています。その他、精力剤によっては男性ホルモンを補うことができるでしょう。

精力剤を定期的に飲んでいれば、ストロングパワーがみなぎった状態が持続します。つまりセックスをしようとした時に、いつでもできるようになります。セックスする前に何かを塗ったり、その時だけ効く薬を飲んだりする必要はないのです。

パートナーとセックスする状況になったらどうしようという不安はなくなります。いつでも大丈夫と思えるようになり、男としての自信を取り戻すこともできるでしょう。

精力剤を継続的に飲んでストロングパワーを持続させよう

精力というストロングパワーを取り戻す方法について紹介しました。現代社会ではストロングパワーは失われやすいです。ストレスの問題があります。メンタルが若い人の精力減退の大きな原因とされています。さらに、運動不足や乱れた食生活があります。

運動不足や乱れた食生活は血行不良を招き、血行不良は精力減退につながります。また、運動不足や乱れた食生活を続けると、男性ホルモンの仕組みに影響を与えて前立腺肥大になることもあるのです。前立腺肥大も精力減退につながってしまうのです。

ストロングパワーを取り戻す方法としては適度な運動がよいです。スクワットは男性ホルモン・テストステロンの分泌を誘発する運動といえます。ツボ押しもよいでしょう。商陽は両手の爪にあるツボです。自分でも押しやすいツボですので定期的に指圧しましょう。

あとは食事のバランスに気をつける必要があります。亜鉛やアルギニン、シトルリン、ビタミンB群、セレンを多く含む食材を定期的に取り入れましょう。

しかしストロングパワーを取り戻す栄養素を毎回の食事で定期的に取り入れるのは簡単ではありません。本当にストロングパワーを取り戻したいなら精力剤がよいです。いつでもセックスできるようになり、男としての自信を取り戻すこともできるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る