精力剤におすすめの赤ガウクルアの効果と副作用・選び方とは

精力剤におすすめの赤ガウクルアの効果と副作用・選び方とは

103view

2018.06.28

精力剤の赤ガウクルアとは

赤ガウクルアは精力増進効果のある植物の根

最初に、赤ガウクルアとはどのようなものかをご説明しましょう。「赤ガウクルア」とはタイやインドなどに生育するマメ科のツル性熱帯性植物で、「ソフォン」と呼ばれることもあります。学名は「ブテア・スペルバ」、和名では「ツルハナモツヤクノキ」と呼ばれます。

この植物の根の芋のような部分がサプリメントなどに使われています。山芋の一種なのでタイなどではすりつぶして食材として取り入れられています。

ガウクルアには5種類あり、切った根の色の変化で赤・黃・黒・灰・白に分けられます。その中でも白ガウクルアは「プエラリア・ミリフィカ」という名で日本でもよく知られており、バストアップや美肌効果などが期待できる女性向けサプリメントに使用されています。

赤ガウクルアは男性の精力増進効果があるとされ、タイでは「天然のバイアグラ」として古来より精力増進、滋養強壮に用いられてきました。

赤ガウクルアの効果1:DHEAの合成を促進

DHAEの働き1:男性ホルモン合成の材料になる

DHAEはデヒドロエピアンドロステロン(Dehydroepiandrosterone)の略称で、精力増進以外にも多くの効果が期待できるホルモンで「若返りホルモン」とも称されるものです。

コレステロールから作られるステロイド系ホルモンの1種で、副腎皮質から主に分泌されます。血液中に存在して体内を巡り情報伝達、体調を良くする役割を担っています。

DHAEは男性ホルモン「テストステロン」の材料として体内でテストストロンに合成された後、女性ホルモンのエストロゲンになる男女に共通するホルモンを合成するもとになるものです。

男性ホルモンは150種類以上あるホルモンの9割を占める、分泌量が最も多いホルモンです。性欲、精力を増進するほか、筋肉のつきやすい身体になる助けもします。テストストロンはペニスの増大にも効果が期待できるホルモンです。

若い頃のような元気がなくなった、男性としての活力やパワーに自信がもてなくなったと悩んでいる方は、男性ホルモンの分泌量が何らかの原因で減少している可能性が高いのです。

記憶力や物事に対する意欲、根気にも関係しており、仕事をバリバリこなし、男らしい外見、体格の男性として生きるために大切なホルモンです。神経伝達物質として脳に働きかけるので、性欲自体をより感じやすくする効果が期待できます。

DHAEの働き2:成長ホルモン分泌促進で若返り効果

DHAEは成長ホルモンの分泌も促すため免疫力を高めて動脈硬化などを改善、生活習慣病や肥満の予防、炎症を抑えるなど多くの働きをするホルモンです。イライラなど男性ホルモンの減少で起こる男性の更年期障害の治療にも有効性があると注目されています。

血中のDHEA濃度が高いと長寿の傾向があるとされています。年齢とともに疲れやすくなる原因のひとつにDHAEの減少があるとする説もあります。DHAEはストレスに強い、イキイキした魅力的な男性として日々を送るために必要なホルモンです。

20代をピークに分泌量は減少

DHAEは思春期に分泌量が急増、20代で分泌のピークに達します。その後の分泌量は減少、40代には半減して80代には分泌がほとんどなくなってしまいます。

年齢を重ねても、早寝早起きや食生活に生活習慣の改善でDHAEの分泌量を増やすことは可能です。しかし、米国では分泌量が減少する年代になると、サプリメントで補うことが一般的になっています。

少しでも早く悩みを解決したい、元気を取り戻したいとお考えの方は赤ガウクルアを摂取できる商品を試してみるのがおすすめです。

PED5阻害作用でED傾向を改善

PED5の分泌を阻害して血流促進

勃起は興奮が脳、神経に伝わることで陰茎に勃起指令が送られることで起こります。司令によって血管や神経が一酸化炭素NOを放出して、NOが血管を拡張、血液が陰茎海綿体という組織に流れ込むことで陰茎が充血、大きく勃起するのです。

興奮が落ち着くと酵素であるPED5(ホスホジエステラーゼ5)がNOの分泌をおさえて勃起が収まっていきます。

血管を拡張するNOが何かの原因で少なくなり、NOを阻害する酵素であるPED5が多くなった場合に勃起不全障害(ED)が起こります。また、「中折れ」の原因にもなります。赤ガウクルアにはPED5の分泌を阻害する効果があり、ED改善に効果が認められています。

赤ガウクルアの副作用の有無と入手方法・飲み方

赤ガウクルアに副作用はあるか

赤ガウクルアは自然の植物から採取される健康食品のようなもので、用量を守って服用すれば問題ないとされています。ただし、ホルモンに働きかける作用があるため、ホルモン療法など、ホルモン関係の治療中の場合は、かかりつけの医師に相談したほうが安心です。

また、血流を改善する効果もあるので高血圧や狭心症の治療中の場合も専門家に相談してからの服用をおすすめします。

また、DHAEは男女ともに必要ではありますが、赤ガウクルアは特に男性ホルモンの合成におすすめであり、女性の場合は摂取により男性ホルモンが多くなり、毛深くなったり不妊の原因になったりする可能性も否定できません。女性の場合は女性ホルモンに働きかける白ガウクルアをおすすめします。

赤ガウクルアの入手方法と注意点

日本国内では現在のところ、赤ガウクルアは一般的なドラッグストアなどでは販売されていませんが、インターネットで輸入代行を行っているサイトを探せば手軽に入手可能です。

購入の際に注意したいことは、まずあまりに価格が安い商品の場合、赤ガウクルアの含有量が極端に少なかったり、質の良くない赤ガウクルアが使用されていたりする可能性があります。赤ガウクルアは1年で1センチしか成長しない、とても貴重な植物なのです。

タイ政府は輸出を規制しているので、原産国であるタイからの正規ルートを通して輸入、販売されている正規品が安心です。口コミや製品情報もよくチェックして、信頼の置ける業者から購入しましょう。

多くの製品が赤ガウクルアの効果をより高めるため、血管拡張効果や仕様強壮効果のあるその他の成分と合わせて商品化しています。自分と相性が良くない成分やアレルギーなどがある場合は特に、成分をよく確認することも大切です。

いつ飲めばいいか

赤ガウクルアは栄養補助食品であることから、必ずこのタイミングでという決まりはありません。精力増進の意味で飲むことが多いと思われるので、効果を期待したい時間の数時間前の服用がおすすめです。

効果の出方などは個人差が大きいので、用量を守りながらご自分に合う飲み方をつかんでいきましょう。即効性よりも、継続して飲んで効果を求めるのが正解です。

赤ガウクルアはこんな方におすすめ

ご説明してきたように、赤ガウクルアはDHEAの合成を促進するほか、EDP5の分泌を阻害して性欲、勃起力など男性の精力の進に強い効果を期待できるうえに、年齢を重ねて行くと多くの方が感じる症状にも効果が望める成分です。特に以下のような点に当てはまる方はホルモンの分泌の低下している可能性があります。

  • 日頃から疲れやすい、疲れやすくなった
  • 早目に疲労回復したい
  • ストレスを強く感じていてやわらげたい、ストレスに弱い
  • イライラすることが増えた
  • 根気が続かない
  • 気分が落ち込みがち
  • 太りやすくなった

このような男性ホルモン分泌低下が原因の可能性がある不調は、規則正しい生活や十分な睡眠、健康的な食生活や禁煙といった生活習慣の改善でも良くしていくことができますが、なかなかすぐに多くのことは改善しづらいものです。そのような場合には赤ガウクルアをぜひ取り入れてみてください。

さまざまな体調のトラブルや衰えを感じてお悩みの方は、活力あふれる男性として自信を持てる充実した日々を過ごすためにも、タイで古くから愛されてきた貴重な成分赤ガウクルアの効果をお試しください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る