シトルリンって知ってる?精力剤にはおすすめの成分!

シトルリンって知ってる?精力剤にはおすすめの成分!

120view

2018.06.28

シトルリンって知ってる?

シトルリンってなんだ?

シトルリンはその効果に注目され、世界中でたくさんの製品が産まれています。サプリメントも多く発売されていて、スポーツ選手などに多く利用されています。また、男性が加齢とともに減退していく性的な機能回復や疲れに効くと言われ、精力剤にもなると言われます。ここではシトルリンとは一体どういうものなのか?どういう効果が期待できるのか?について詳しく解説していきます。

シトルリンとは?

シトルリンは、スイカの成分を調べていた日本の学者がその存在を発見しました。シトルリンという名前は、スイカの学名Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)から取られています。

日本で食べられているような赤く甘いスイカより、スイカの原種と言われるカラハリ砂漠原産の野生スイカに多く含まれています。その他スイカと同じウリ科の植物に多く含まれていることが分かっています。

シトルリンは遊離アミノ酸であり、人体中の血液や細胞、尿など体中に存在しています。体内で生成されるアミノ酸ですが、加齢とともに減少してしまいます。アミノ酸は、内臓、血管、皮膚などの生成に必要な物質で、シトルリンは体内で一酸化窒素を生み出し、しなやかな血管を作るのに役に立っています。

シトルリンがもたらしているもの

砂漠のような乾燥し強い日差しを浴びても枯れずに野生スイカが生きられるのは、シトルリンを貯蓄しているからなのです。本来、植物は強い日差しを浴び続けると活性酸素をたくさん放出し、それが毒素となり枯れてしまうのです。

ところが野生スイカはシトルリンが蓄積されていることによって、枯れずに生き続けています。シトルリンは活性酸素を分解してくれるからです。活性酸素は老化にもつながる物質であり、シトルリンが注目をあびている一因でもあります。

野生スイカは砂漠にすむ人や動物などののどを潤すものとして重宝されているだけでなく、砂漠に住む民族「サン」の驚異的な身体能力もこの野生スイカのおかげとも言われます。シトルリンが運動機能を高める効果があるというのも、「サン」民族のエネルギーの源になっている野生スイカに大量に含まれていることが分かったからです。

シトルリンの摂取方法

シトルリンはスイカの他、ウリ科の植物に多く含まれています。食品で撮る場合には、これらのものを食べると良いでしょう。代表的な食品は、スイカ、メロン、きゅうりですが、クコの実やヘチマ、冬瓜にも含まれています。

1日に800mg程度摂取すると良いとされていますが、1番含有量の多いスイカでも1/7個が必要となります。そこでサプリメントなどで補うのが効果的です。

シトルリンから期待される効果効能とは?

シトルリンが行うメカニズム

シトルリンが体内に入ると、アルギニンに変化し一酸化窒素を生成します。生成された一酸化窒素は血管にとってとても重要な物質なのです。一酸化窒素によって、血管の拡張と血行の促進がされます。

それだけでなく、血管そのものに働きかけ血管壁への異物の融着を防いだりはがしたり、血管が太ってしまうような事が無いように作用してくれます。血管を正常に保ち、若々しい血管を保つためには一酸化窒素が必要です。

シトルリンではなく直接アルギニンを摂取した方がよさそうな気がしますが、アルギニンは体内に吸収される率がとても悪いためシトルリンを摂取した方が効果的です。シトルリンは体内への吸収率が高いのも特徴的です。

シトルリンによって発揮される効果

健康面では動脈硬化の予防に期待が高まります。血管が細くなったり、もろくなったりしないように一酸化窒素が保護してくれるからです。血管が強くなれば、血行が良くなります。血行が良くなることで、肩こりなどの血行不良による疾患の予防や改善が期待されます。

むくみや冷え性にも効果があります。代謝が良くなって、太りにくい体質にもなりますね。

運動効果

血行促進によって、運動や筋トレを行った際に発生する疲労物質の乳酸も溜まりにくくなります。血行が良くなることで乳酸の排出が容易になるからです。スポーツ選手は持久力のアップや、筋トレの効果アップのために運動前に摂取しています。実際に疲労の軽減やパフォーマンスの向上に関係していることは確認されているのです。

美容やアンチエイジング効果!

代謝が上がるのでダイエットにも効果がありますが、老廃物の排出も早くなり肌のターンオーバーも早くなります。また、シトルリンが活性酸素を排出する効果があるので老化防止にも役に立ちます。

野生スイカのように乾燥や強い紫外線からも肌を守ったり、肌のハリやツヤを守ったりしてくれるのです。女性の美容目的としても、シトルリンはとても優秀な成分です。

シトルリンの副作用やデメリットは?

基本的には副作用はない!

発見されて以来、美容や健康に利用されていますが、大きな問題になったことはなく通常の利用では副作用は起きません。過剰にそればかりを摂取すれば害にもなりますが、それはどんなものにもいえます。シトルリンはウリ科の植物に普通に存在している成分なので、過剰摂取さえしなければ特に問題になることはないのです。

注意が必要な人もいる!

シトルリンには血行促進の効果があるため、血管に疾患がある人にとっては毒になりかねないので注意が必要です。スイカやきゅうりなどの食品を食べて摂取する分には問題なくても、サプリメントなどで摂取するときには含有量が問題になる場合もあります。医師に相談しながら、取るようにしましょう。

そのほか、妊娠中や授乳している場合には、体調が変化しやすい時期でもあるので、医師に相談しながらサプリメントは摂取すると良いでしょう。シトルリンは子供が摂取しても悪影響はありませんが、子供にはサプリメントに頼るのではなくバランスの良い食事を摂ることを心掛けてあげると良いです。

デメリットはあるのか?

デメリットらしいデメリットはありませんが、血行促進の作用が強すぎることによって毛細血管が多い目の充血を起こす事もあります。血流量が増えることで、脳の血管が拡張しすぎて頭痛を引き起こすこともあるようです。一度に大量に摂取してしまい、過剰に血行が良くなりすぎないような注意は必要かもしれません。

シトルリンは精力剤に最適!

シトルリンの血管拡張効果によって!

男性の生殖器に対する増大の効果も期待されています。男性器は海綿体に血液が流れ込むことで大きくなります。シトルリンの血管拡張効果と、血行促進によって更なる血流の増加から、増大すると言われています。

勃起不全などの人にとっては、血行が悪くなったり血管が細くなったりすることで血液が溜まりにくくなっているのです。それが改善されるため、勃起力や持続力がアップするのは当然のことです。

男性器そのものの回復に役立つので、シトルリンは精力剤に最適な成分であり、精力剤の多くに含まれているのも納得でしょう。

やる気やパワーの源に!

シトルリンの効果によって、脳内の血行が改善されます。脳の血行が良くなることで、集中力が増しやる気がアップします。疲労を感じると脳の血流が減ることが分かっています。シトルリンの効果で脳内の血流が増えることが期待されます。

加齢とともに性欲が落ちてしまいがちですが、やる気がみなぎってくると男性的なパワーも復活してきます。シトルリンが疲れの改善や、やる気をアップさせることも精力剤に最適な理由の2つ目です。

シトルリンを日ごろから摂ろう

男性器の回復にも効果があり、さらにはやる気をみなぎらせてくれるシトルリン。このシトルリンが入っている精力剤が多いのは、当然のことです。特に勃起力が足りないと思う男性にはおすすめです。

ただし、シトルリンだけでは即効性はないので、日ごろからシトルリンをサプリメントで摂取しておき血管や体調を整えておくのがおすすめです。その上で即効性が欲しい時に、シトルリンの入った精力剤を摂取する方法がベストでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る