ガラナは元気の源!?ガラナ成分配合のおすすめ精力剤

ガラナは元気の源!?ガラナ成分配合のおすすめ精力剤

64view

2018.06.28

精力剤としてガラナをおすすめする理由

ガラナってなに?

ガラナは双子葉植物に属するムクロジ科ガラナ属のツル植物です。原産地は南米のアマゾン川流域で主な原産国はブラジルとなります。7~8月になると赤い房状に赤い実を実らせます。実が熟すと赤い果皮が弾け中から黒い種子が顔を出します。

この種子にはタンニンやカフェインが豊富に含まれており、アルコールによって抽出される成分(ガラナ成分)は滋養強壮や精力剤の主成分として使用されています。ちなみにガラナにはコーヒーの約3倍ものカフェイン・タンニンが含まれていることが分かっています。

元々薬用に用いられていた

ブラジルをはじめとした原産国では、ガラナは元々

  • 鎮痛剤
  • 頭痛薬
  • 下痢止め
  • 興奮剤

など、薬用剤として使われていました。ガラナという名は南米に住む「ガラニス族」が由来していると言われています。このガラニス族はガラナの種子を食材として使用していました。しかし種子をそのまま食材として使用するのではなく、しっかりと工程を踏み加工したものを口にしていました。

  1. ガラナの果実を収穫
  2. 収穫したガラナの果実を積み上げて発酵
  3. ガラナ果実から種子を取り出す
  4. 種子をすりつぶし粉にする
  5. すりつぶした粉をカカオやキャッサバデンプンとともに水で練る
  6. 小分けにした塊を燻煙・乾燥する

これで出来上がり。出来上がった塊は必要に応じてすりおろします。この粉を湯に溶かし、砂糖で甘みをつけたものを薬用飲料として飲んでいたそうです。

含まれる成分・性質

ガラナには主にアルカロイド系の成分が北部に含まれます。

アルカロイド類には

  • カフェイン
  • タンニン
  • テオブロミン
  • テオフィリン
  • 油脂
  • キサンチン
  • テトラメチルキサンチン

キサンチン・テトラメチルキサンチン・テオブロミン・テオフィリンはカフェインと同族で特性が似ている成分ですが、その作用の力はカフェインより穏やかで持続性があると言われています。

ガラナの効能

ガラナが精力剤に使用される理由

ガラナには人体に及ぼす複数の効能があります。その効能から滋養強壮や精力強壮への関連性があると判断され、現在ガラナを使用した精力剤が多く販売されるようになりました。

以下ではガラナの効能について紹介していきます。

血行促進

ガラナに含まれるカフェイン(ガラニン)には血行を促進する効果があると言われています。男性の勃起には、男性器への血流が鍵となります。血行促進することで、男性器への血流も増し、これにより精器の硬さや大きさにも影響すると考えられます。

運動力、回復力を高める

ガラニン(カフェイン)には一時的に脳を覚醒させる効果があります。カフェインにより脳が一定時間興奮すると、交感神経が刺激されアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは心臓の収縮を活発にさせ、呼吸も早めます。

すると酸素が体の隅々まで行き渡り、疲れづらくなり、回復力・集中力を高めると言われています。脳の覚醒、アドレナリンによる運動量の増加は精力増強にも大きく関わります。

からだのむくみ予防、改善

ガラナに含まれる豊富なカフェイン類はガラニンと呼ばれており、その中のキサンチンには利尿作用を高める効果があります。キサンチンが腎臓に働きかけ、水の再吸収を抑制し不要な水分を外部へと排出させる為、むくみの予防・改善効果があると言われています。

デオブロミンからくるリラックス効果

ガラナに含まれるデオブロミンという成分はカカオに豊富に含まれる成分で、リラックス効果があると言われています。デオブロミンを摂取すると大脳が刺激を受け、集中力が高まります。また同時に自律神経にも働きかけ、リラックス効果を生み出すことが確認されています。

タンニンからの抗酸化作用

タンニンはポリフェノールの一種であり、渋みや苦み成分としても知られています。タンニンは抗酸化作用が認められており、特に収れん作用はお肌を引き締める効果があると言われています。

また、消臭効果もありヒトの体臭を抑える効果があることも確認されています。体力、集中力、運動力を増強し、お肌を引き締め、おまけにエチケットとしての体臭まで抑えてくれる。ガラナには精力剤に必要とされる効果が多く含まれているのです。

ガラナが使用されているおすすめの精力剤

ガラナを使用した精力剤5選を紹介!

こちらではガラナを使用した精力剤を紹介していきます。現在、日本国内でもガラナを主成分として使用した商品が多く見受けられます。その中でも、これは!というイチオシ商品を以下では紹介していきます。

VITOX-α

現在、精力増強剤として世間を賑わしているVITOX-αですが、こちらも主成分に「ガラナ」が記載されています。就寝前にヴィトックスαを飲むことで成長ホルモンの分泌がさらに促され、性欲促進、ペニスの増大効果などが期待される現在大注目の逸品です。

BLAZAR-α

こちらは現在日本でも注目を集めている精力剤。この主成分にもガラナが含まれます。他にも多数含まれる成分が伝達神経の流れを整えてくれるほか、成長ホルモン、男性ホルモンが分泌されやすい体質にしてくれます。

BLAZAR-αで1番大きく得られるのはペニスの増大効果。包茎手術を考えていた仮性包茎の方がBLAZAR-αを服用したおかげで一皮向け、手術の必要がなくなった、という事例もあるようです。まさに「医者要らず」の精力剤です。

ガラナ粉末 (素肌館)

こちらはガラナの天然原料をすり潰して粉末にしたもの。甘味料や着色料などを加えていない為、安心して召し上がれます。原料そのまま、にこだわる方にぴったりの商品です。継続的に摂取することで血行促進、運動力アップなどが期待できます。

ガラナエキス(マイプロテイン)

マイプロテインから発売されているガラナエキスは、ガラナ種子から抽出したエキスを濃縮しパッケージしたもの。100g中22gものカフェインを含む混ざり気無しガラナ100%商品です。ガラナのみの効果を知りたい、という方に是非おすすめの逸品です。滋養強壮に効きますし、眠気覚しにも効くとの利用者からの声があります。

ブラックアウトガラナ 補佐的

こちらは、ドンキホーテで限定販売されている謎に包まれた商品。しかし驚くべきことに1缶(500ml)の中に、なんと190mgものカフェインを含んでいます。

眠気覚しのドリンクでも1本あたり100~120mgが良いところ。それをブラックアウトガラナはその遥か上をいくカフェイン含有量を誇ります。他にもナイアシン5.5mg、アルギニン 600mgが含まれている為滋養強壮にはもってこいの逸品です。

ガラナの注意点

摂取量に注意すること!

ガラナが如何に精力増強に適しているか、記事を読んだ方はご理解頂けた筈です。しかし何事も「適量」を弁えないと思わぬしっぺ返しに遭うことになります。それはガラナにおいても同じことが言えます。

ガラナの副作用

ガラナには多量のカフェインが含まれています。 よってガラナを多量に摂取することはカフェインも多量摂取するのと同じこと。 カフェインの摂取量は大人男性で5,000~6,000mgが適量だと言われています。 これを超える過剰摂取は下記のような副作用を引き起こす恐れがあります。

  • 依存症 カフェインには中毒性があることが知られています。 毎日常用するとカフェイン無しではいられない、カフェイン中毒に陥ってしまいます。 最近はエナジードリンクに依存する若者が増えている背景にはこのカフェイン中毒が潜んでいる可能性もあると考えられています。
  • 骨が弱る カフェインの取りすぎは、骨を貧弱にする傾向があります。 骨は年齢と共に脆くなるものでもあるので、高齢の方は十分注意が必要です。
  • 離脱症 カフェイン常用者がカフェインを絶ってから半日~1日空けてからやってくる副作用がこちら。 頭痛、集中力欠如、疲労感、倦怠感、眠気、関節痛などが挙げられます。

これを抜け出すべくまたカフェインを摂取すると中毒性のサイクルに巻き込まれ、カフェイン無しの生活は送れなくなってしまいます。 ガラナは健康に良く、精力剤や滋養強壮にもってこいの食品ですが、上記した通り過剰摂取は禁物です。 適量や摂取時間を守り、取り入れることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る