精力剤のおすすめ注目成分、カンカの秘密に迫る

精力剤のおすすめ注目成分、カンカの秘密に迫る

68view

2018.06.28

カンカの精力剤としての効果、安全性

精力剤にはさまざまな種類があります。有名なものではバイアグラなどの医薬品があります。効果の高さでもよく知られていますが、反面副作用のリスクもあるので、本来は医師の管理の元で使用すべき薬です。しかし、安価な個人輸入のものも出回っており、そのような製品の使用には十分な注意が必要です。

一方で、民間伝承薬を進化させ、漢方薬のノウハウを使った精力剤もあります。まむしやスッポンなどを粉末にするなど、何らかの方法でエキスを抽出したものです。

南米の植物のマカが配合されたり、滋養強壮に効くといわれる朝鮮人参が配合されたりと、世界中から評判の材料をあれこれと配合し、より優れたものを作ろうと日々工夫が重ねられています。

そこで使われる成分には、定番のものもあれば流行りの成分もあるのですが、最近注目を集めている成分の一つが「カンカ」です。「カンカ」とは、中国のタクラマカン砂漠で採れる植物です。乾燥し、砕いたものから成分を抽出して使用します。

さて、気になる効果、安全性ですが、精力剤として強力な効果が絶対にあるとは言い切れません。勃起機能に悩む方の原因はさまざまです。カンカには血行促進の効果があるので、悩みの原因が血の巡りにある方なら、十分な効果を感じられる可能性があります。

決して強い効果ではありませんが、その分、身体に負担をかけることも少なく、安心して使える成分です。日本では食品として分類されており、栄養ドリンクやサポリメントに配合されています。

ちょっとがっかりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、カンカは精力剤としてだけ考えるより、健康的な身体作りに有効な成分です。次に、カンカの更なる秘密に迫ります。

カンカの正体は砂漠の寄生植物

カンカは、正式名称はカンカニクジュヨウといいます。国内ではカンカと略されて流通しています。中国のタクラマカン砂漠に自生している植物ですが、色は黄色く、葉緑体を持たないので光合成することができないという変わった特徴を持っています。

では、どうやって栄養を得ているのかというと、ベニヤナギという別の植物の根近くに寄生することで成長に必要な栄養を得ています。人工栽培も行われているので、入手も容易な材料です。

カンカの最大の特徴は、そこに含まれる3つの成分にあります。アクテオシド、エキナコシド、カンカノシドという3つの成分が、健康促進に非常に効果的に働いてくれるのです。

アクテオシドは、ポリフェノールの1種で非常に強力な抗酸化作用を持っています。また、血圧の抑制作用、ヒアルロン酸分解酵素を阻害する作用、メラニン生成に関与する酵素の阻害など、肌や血管の柔軟性を維持するために有効な働きが期待できます。

エキナコシドも、アクテオシド同様に強い抗酸化力を持っています。さらに免疫力を高める働きをもっています。西洋ではエキナセアというハーブを風邪薬としても使用しますが、エキナコシドはエキナセアにも含まれている成分です。

そして、カンカノシドは、近年になって注目を集めている成分です。ほかの2つの成分同様に強い抗酸化力を持っていますが、カンカノシドは同時に血管を拡張して、血流を促進する作用があります。強い抗酸化力を持つ3つの成分とそれぞれの成分の有用性の相乗効果で、カンカは健康作りに貢献してくれるのです。

その成果を精力剤というカテゴリーで考えると、以下のような働きが期待できます。

アクテオシドとエキナコシドは、ストレスによる身体への負担を和らげてくれる働きがあります。精力減退が心因性である場合には改善効果が期待できます。

肝臓において、男性ホルモンを生成するための酵素を増加させる働きがあります。男性ホルモンの増加は、男性のやる気を高め、精神的にも前向きにしてくれる効果が期待できます。

血管の拡張、促進効果は陰茎への血流量を増やすことに繋がり、勃起力の向上が期待できます。中国ではカンカの研究も進んでおり、認知症治療や成人病、更年期障害などさまざまな疾患への応用も研究されています。

男性機能の衰えはやる気の低下にも繋がる?

そもそも、なぜ精力剤が必要になってくるのでしょうか。加齢とともに、さまざまなことへの意欲の減退を感じている方は少なくないと思います。そして、その中の1つにはセックスへの意欲も含まれます。セックスレスは夫婦仲にも影響します。独身の方では、新しい恋の機会を失うことにもなりかねません。

だからといって、無理して頑張ってみても、うまくいかなかった時の落ち込みは、かなりの心理的ダメージになります。男性らしい、女性らしいというアイデンティティーには、性機能的にも健全であることも暗に含まれます。その点に悩みを抱えることは、大きなコンプレックス、やる気の低下にも直結する一大事なのです。

中には、このような悩みをうまく昇華して、別のやりがいを見つけられる方もいらっしゃいますが、それは稀なケースでしょう。多くの場合、コンプレックスはやがて慢性的なストレスとなり、身体のあちこちの調子をおかしくしていきます。精力剤というとセックスに直結するイメージがあり、手が出しにくいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、男性機能の衰えがストレスやさまざまな体調不良の原因になっているのなら、上手に活用してやる気溢れる生活を取り戻すべきではないでしょうか。

そのプロセスで、パートナーとの関係を修復したり深めたりできれば、なおさら素晴らしいことです。どうか歳のせいと早々に諦めることなく、ハツラツとした若さを維持するためにも、上手に精力剤とも付き合うことを検討いただければと思います。

さまざまなカンカ製品の選び方

既にさまざまな効果が発見され、今後の研究の成果も楽しみなカンカですが、既にいろいろな製品に配合されています。もっとも話題になっているのは、精力剤の成分としての利用です。カンカ単体でも、健康増進には十分な働きが期待できますが、精力剤として活用するなら、即効性などもう一工夫欲しいところです。

カンカは砂漠人参と呼ばれることもあるのですが、それにちなんで漢方で使われるさまざまな人参を配合した製品があります。高麗人参、シベリア人参、チベット人参、婆羅門人参など、いずれも精力剤で使われることのある材料ですが、それぞれの相乗効果で、より強力に男性の精力増進をサポートします。

漢方系なので効き目は穏やかで、適量を毎日服用することが望ましい製品です。その他にも、活力増進に即効性があるアルギニンやシトルリンを配合した製品、既に知られているマカやオルニチンなどと一緒に配合されている製品もあります。

精力剤として購入する場合は、カンカだけでなく、その他の成分にどんな効果が期待できるのかもチェックしておきましょう。また、製品によりますが非常に高価なものも少なくありません。まとめ買いすると安くなるのですが、まとめ買いしたのに、身体に合わないということもありえます。お試し購入ができるかどうかもチェックしましょう。

その他では、健康食品やサプリメントでカンカを配合しているものもいくつかあります。どちらかといえば、サプリメントにカンカが配合されているものの方がお手軽価格の傾向があります。

ただ、安いものだと、カンカ由来の抽出成分の配合で、カンカの有効成分であるアクテオシド、エキナコシド、カンカノシドの3つが揃って配合されていないケースもあります。細くてわかりづらいこともありますが、原材料はしっかりとチェックしましょう。

カンカの健康食品でも高価なものは、定期購入制度を利用することで安く購入できるものがあります。こちらも万一効果が感じられなかったときの解約条件などを予め確認しておきましょう。

精力剤、健康食品、サプリメントとさまざまなジャンルで注目のカンカは、続けることでより効果が感じられる材料です。普段は健康食品をメインに用い、ここぞというときは、精力剤を併用するなど自分に合った活用法も検討してみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る