精力剤におすすめ!ドラゴンフルーツの効果の秘密とは

精力剤におすすめ!ドラゴンフルーツの効果の秘密とは

41view

2018.06.28

ドラゴンフルーツとは

女性の中では、栄養価の高いスーパーフードとして名高いドラゴンフルーツですが、男性はどうでしょうか。精力の衰えを感じている方の中では、精力減退を食い止める成分を持つフルーツとしても有名になっています。ドラゴンフルーツは中南米原産のものが主流で、サボテン科の果物です。

現在ではアジア各国でも多く栽培され、日本でも沖縄や九州などで栽培されるようになってきました。とはいうものの、まだまだその効果が広がりをみせない為、店舗では価格も高めです。皮が龍のウロコに似ていることからドラゴンフルーツと名が付けられ、果肉は白や赤紫になるものが一般的です。

英語ではピタヤと呼ばれていて、種類もいろいろあります。種類といっても中の成分が大きく変わることはありません。果皮の色合いがピンクだったり赤かったり、黄色だったりと変化するのです。味もほのかな甘さを感じる優しい味わいで、シャキシャキの歯ごたえで食感を楽しむことが出来ます。

ドラゴンフルーツが発揮する効果とは?

カリウム

ドラゴンフルーツは、私達の体にどのように作用して精力剤として働きをみせているのでしょうか。その秘密は豊富な栄養素の中にありました。ドラゴンフルーツの成分は、大きく分けて以下のようになっています。(水分・カリウム・アルブミン・食物繊維・鉄・亜鉛・ビタミン・ベタシアニンなど)ドラゴンフルーツの成分は85%が水分でできています。

そのほかに大きな役割をするのが、ミネラル成分のカリウムです。カリウムは私達の体の水分量調整に欠かせない成分で、中でもナトリウムとのバランスが重要といわれています。ナトリウムは食事中の塩分からの摂取が出来ますが、現代の食生活では過多となっていて、なるべく減塩するような食事傾向が望ましいともいわれています。

それはカリウム不足が多くバランスが取れなくなって体中に不具合が発生するからです。不具合には、むくみや高血圧などといったものがあります。精力アップを心がけるとき、血液の流れは大変重要なポイントになってきます。陰茎が勃起状態になる際には、必ず多くの血流が陰茎に集中して流れ込みます。

ここで血流が悪い状態にあると、陰茎まで十分に血液が流れなくなり勃起不全を起こしてしまうのです。また加齢により男性ホルモンが低下している状態になってくると、脳からの勃起状態を作ろうとする指令をうまく受け取れなくなり、陰茎の血管も広がりにくくなります。

カリウム不足でナトリウム量が上回りバランスが取れなくなってしまうと、血液量は増えていき血管が常に圧迫されてしまいます。陰茎にも血液が流れる余裕がなくなり、勃起しにくくなってしまうというわけです。さらに精力増強にはスタミナも必要になります。カリウムには筋肉でエネルギー産生を助ける働きがあります。

性行為中のスナミナ不足も一緒に解消してくれるでしょう。血液量や血流に大きく関係するカリウムは、精力剤の中では体の老廃物を捨て、正常に陰茎に血液を流すためのサポート役として重要になっています。ドラゴンフルーツには、果実100g中350 mgもカリウムが含まれています。

ドラゴンフルーツを取り入れて、精力アップを図ることができるのは、このカリウム量の多さにも秘密があるのです。

アルブミン

体内の物質運搬役となるたんぱく質のアルブミンは、血液中でホルモンを多くの細胞に届ける役割を担っています。アルブミンは肝臓で作られますが、アルコールなどの飲みすぎで肝臓の働きが弱まってしまうとアルブミンは肝臓でも作られにくくなっていきます。

アルブミンは強い解毒効果や抗酸化作用を持っていて、私達の体を内側から(細胞レベルで)活性化させ、免疫力アップに繋げられます。いつまでも若々しい元気な陰茎を保つには欠かせない成分なのです。また、血管の内外に分布して体液濃度を調整します。

食物繊維

精力剤に配合されるドラゴンフルーツには、食物繊維も豊富です。なんと腸内に留まる食物繊維量はバナナの65倍にもなります。食物繊維は精力剤の中でも勃起力や精子量にも関係しているといわれているので、積極的に取りたい栄養素の1つです。

食物繊維がどうやって精力とかかわりを持つのか不思議な感じがありますが、やはり関係してくるところは『血流の増加』という点になります。食物繊維を摂取すると、腸内環境が改善され血液の循環が良くなっていきます。体温の上昇やむくみが取れるなど、老廃物を出すことのスッキリ感は多くの人が実感したことがあるのではないでしょうか。

血流が良くなってくると男性ホルモンの分泌も多くなってくるので、精力が上がることも考えられるのです。また、腸内の善玉菌作用が作られる短鎖脂肪酸も関係性があります。短鎖脂肪酸は精液や唾液などの粘液を作るものだからです。

ドラゴンフルーツの食物繊維量は大変多くなっていますから、精液量を増やすことにも自ずと繋がっていくということになります。

ドラゴンフルーツには鉄も豊富に含まれています。造血には欠かせない鉄は、妊婦さんなど血液増産が必要な方にもピッタリです。普段から貧血気味の方にも良いでしょう。精力をつける上でも鉄は欠かせません。勃起状態を作る際には、一気に陰茎へ血流が流れていきます。

血液量が少ないと、反応しているけどパワー全開の状態にならなかったりして、男性のプライドが傷付くことになってしまいます。他にも、滋養強壮に効く亜鉛もドラゴンフルーツには含まれています。また、果皮や果肉の赤い部分にある色素「ベタシアニン」は、抗酸化作用に優れていて陰茎の若さを保つためにも有効といえるでしょう。

精力剤の副作用~ドラゴンフルーツ

スーパーフードともいわれるドラゴンフルーツの副作用は、ほぼ無いといっても過言ではありません。しかしながら、どんな成分や食品でも食べ過ぎは良い結果を招きません。食後のデザートやおやつ感覚で取り入れたり、サプリメントなどで効率的にドラゴンフルーツのパワーを受けることがおすすめです。

ドラゴンフルーツの上手な取り入れ方

精力剤として購入せずとも、ドラゴンフルーツはスーパーの果物売り場で販売されていることがあります。グレープフルーツやバナナのように山積みにされて販売されているのは珍しいかもしれませんが、ポツンと一角に(病院のお見舞い用のカゴ周辺にも)陳列されていることが多いです。

価格を見ると本当にびっくりしますが、ドラゴンフルーツって高額です。その割に実は大きいわけではないので、まさにセレブフルーツといった感覚があります。相場としては3つで2,000円と考えていいでしょう。国産の上質なものなら、もう少し値が張ります。これを毎日繰り返し食べていけるか…というところに問題があります。

価格面でもそうですが、時期的な問題もあるでしょう。ドラゴンフルーツは7月~が収穫時期なので寒くなってくる時期には食べられません。輸入物であれば可能ですが、残留農薬などの心配もあるので出来れば安全なものを口にしたいですよね。精力剤としてドラゴンフルーツを試したいときには、サプリメントが最もおすすめの選択です。

通年変わらない価格で入手できるし、皮を剥いて手を真っ赤に染めなくても済みます。切ったり盛ったりする手間もありません。ドラゴンフルーツが配合された精力剤なら、ドラゴンフルーツ以外の成分と同時に摂取することで、パワーの相乗効果が生まれやすくなります。

また、継続するタイプと目的達成のためだけに使用するタイプがあり、後者なら粒の数は少ないものの安価に手に入れることも可能になっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る