精力剤の成分として使われているクロム。その正体とは!?

精力剤の成分として使われているクロム。その正体とは!?

92view

2018.06.28

自分に合った精力剤を選ぶことが大切

今や、精力剤は多種多様なものが世の中に溢れています。本当に様々な種類があるので、選ぶのには苦労することでしょう。そこで参考にするのは、インターネットで簡単に検索できるランキングサイトなどかと思います。ですが、こういったサイトでは、勃起剤と強精剤とを混合して紹介している場合が多いです。

これらは、ランキングサイトなどをうのみにして安易に飲んでしまうと、危険なこともあります。ですので、しっかりと精力剤の効能や成分を理解して、自分に合ったものを探すことが大事です。精力剤は継続して飲むことが必要になりますので、しっかり選ぶようにしましょう。

ここでは、そんな精力剤の成分に着目して、ご紹介していきたいと思います。また、特にクロムという物質をフィーチャーしてみました。その理由は次の項目から!

お悩みに合った精力剤を選ぼう

精力剤、精力サプリといったものに期待する効能といえば、勃起力、ペニスの増大、持続力などだと思います。精力剤を選ぶときにポイントとなるのは、自分がどういった悩みを持っているのかです。

単に精力をつけたい場合や、疲労を回復させたい場合などは滋養強壮効果のあるものを選ぶとよいでしょう。こういったものは、コンビニでも手軽に手に入ります。いわゆる、栄養ドリンクですね。

それから、一時的に勃起力をアップさせたいという人、即効性を求める人にはバイアグラがおすすめです。バイアグラは、もともと狭心症の薬として開発されたものなのですが、血流促進の効能が勃起に効き、精力剤として販売されるようになったのです。

そのため、今夜は絶対に失敗できない! というようなときには、飲めばすぐ勃起が望めるので場面に合った精力剤といえるでしょう。そして、加齢とともに衰える男性ホルモン。この補てんになるのが強精剤タイプのものです。また、更年期障害は女性のものとばかり思われていますが、男性にも存在します。

その症状に効く精力剤もありますし、性欲の増進や勃起不全に効くタイプの精力剤もあります。ただし、この中でも医薬品に当たる精力剤は、医師の処方が必要となるものなので、注意が必要です。

精力剤に含まれていることがあるクロムとは

冒頭で、様々な精力剤をあることはご紹介させていただきました。 主に何が違うのかといえば、その含まれている成分です。 精力剤には、実に多くの成分が含まれています。たとえば、精力剤の中で一番売れているとされている精力剤の成分表記を見ると、いっけんゾッとするような量の成分が含まれていることがわかります。

その中でも耳馴染みのあるものですと、オルニチンや、ビタミン、カカオなどがあります。 これは、シジミの成分だったり、美容に良かったりするものもして有名です。 ですが、精力剤の成分表記をご覧になったことがある方ならわかると思いますが、耳慣れない成分も大変多いことと思います。

たとえば、「クロム」です。クロムというものは何か、という疑問にすらすらと答えられる人はそういないでしょう。 では一体このクロムとは、なんなのか。次にご紹介したいと思います。

クロムとは、人間にとって必要といわれているミネラル、いわゆる必須ミネラルの一つです。 必須ミネラルは全部で16種類ありますが、その1つがクロムなのです。 ではそのクロムにどんな効果があるのか、ご紹介していきたいと思います。 まず、その大きな特徴としてあげられるのが、血流を良くする働きがあることです。

この効能を主として、クロムには人の体に影響を与える良い効果か様々あります。 たとえば、血流が良くなることで考えられる効能としては、勃起力の強化。 この、クロムの効能が注目され、精力剤の成分として使われています。 他には、代謝が良くなることで、ダイエット効果を得られることなどもあげられます。

また、血流が改善されることは、健康な体づくりの第1歩ともいえるべきものです。血流が良くなることで、たとえば、高血圧の予防につながります。高血圧が予防できれば、ひいては、心臓病、脳卒中などといった怖い大病の予防にもつながってきます。

このように、クロムは、その効能によって、糖尿病や生活習慣病といった病気の予防ができるほか、勃起力を高めてくれるものなのです。

このように、クロムには代謝を促す効能があることがわかりました。 ではもう少し、クロムの効能について掘り下げてみましょう。 まず、クロムには代謝を促す効能があると述べましたが、その代謝とは何か、を説明しなければなりません。 代謝とは、要するに摂取した栄養をエネルギーに変える働きのことです。

皆さんも昔家庭科で習ったことがあるかと思います。赤い食べ物、緑の食べ物、黄色い食べ物。たとえば、肉はタンパク質で、赤い食べ物。タンパク質は、筋肉や血液エネルギーに変換されます。 では、クロムはといいますと、クロムは脂質やコレステロールの代謝を促す働きがあるのです。

脂質やコレステロールというと、不健康の象徴のようなイメージがあるかと思います。 実際、血中にこれらの物質が多いと、巷で恐れられているドロドロ血であるといえます。 つまり、血行の悪い状態です。 ですが、クロムを適量摂取することで、血流が改善されるので、恐ろしいドロドロ血もサラサラ血へと変わっていくかもしれません。

そして、なぜこれが勃起力に影響するのか、ということを次に解説したいと思います。 その秘密は、血流にあります。 そもそも勃起とは、性的な興奮に端を発して、ペニスの海綿体が拡張し、そこに血液が集まり、増大し、硬くなることをいいます。

ということは、この血流が悪いと、海綿体へ血液が集まりにくく、イコール勃起がしにくい、ということになります。 つまり、クロムが血液をサラサラにしてくれるおかげで、勃起力も高まるというわけです。

クロムに危険性はあるの?

やはり注意が必要となるのがその副作用です。 クロムが、必須ミネラルであることはさきほど述べました。つまり、体に必須な成分ということです。 ですが、だからといって副作用がまったくないというわけではありません。 とくに、大きな効能を期待して過剰に摂取してしまった場合などは、危険です。

これまでの実例ですと、肝障害を起こしたり、嘔吐や下痢といった症状が現れたりする場合があるようです。ほかにも、造血障害なども心配なところです。 大事なのは、適量を守ることです。ですが、怖いことにクロムには摂取量の上限というのが設けられていないのです。

また、ビタミンなどは、1日の摂取量目安などがありますが、クロムにはこれもありません。 参考にするならば、クロムのサプリメントが示す摂取目安量でしょう。 あくまで参考ですが、摂取量の目安としては1日に推奨摂取量として 10μg 、1日の上限摂取量 600μg とされています。

ですが、これはあくまで目安の量であって、もちろん個人差もあります。 たくさん飲めば飲むほどいいというものではありませんので、御自分にあった適量を見つけてください。

最後に補足となりますが、精力剤に含まれるクロムは、本当に微量なことがほどんどです。 そのため、クロムだけの副作用はさほど気にする必要がないかもしれません。 精力剤を選ぶ際には、その成分がもたらす効能などもちゃんと勉強して、把握しておきたいですね。

今回ご紹介したクロム自体は、さほど危険なものではありませんが、他の成分と一緒になることで様々な副作用をもたらす可能性はあります。 たくさんの成分があって、そのすべてを調べるのは難しいでしょうが、精力剤は安易に手に取らず、ぜひじっくりと選んでください。 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る