精力剤要らず?!トリプトファンたっぷりのおすすめの食品!

精力剤要らず?!トリプトファンたっぷりのおすすめの食品!

96view

2018.06.28

トリプトファンを意識することでいつもの食事が精力剤に…!?

トリプトファンは必須アミノ酸の一つ

トリプトファン…この成分名を挙げてもピンとくる方は少ない筈です。

トリプトファンとはアミノ酸の一種であり、人間の体に必要とする必須アミノ酸に含まれる成分。必須アミノ酸とは人間が栄養分として摂取しなければならないアミノ酸を指します。これらを摂取しないと体力や勢力の減退、集中力の欠損、髪の毛などの原因となります。

人体内で生成できない成分

トリプトファンは人体内で作り出すことが出来ない為、おのずと外部から摂取しなければなりません。つまり口にする食品から得るしか方法は無い、ということです。食生活が偏ると体調を崩したりするのはこの様に体に必要な成分を摂取出来ていないことが背景に潜んでいます。

トリプトファンは心と体のエネルギー源

体内に取り入れられたトリプトファンの多くは肝臓に運ばれ、エネルギーの源となります。また一部は脳に運ばれ、脳内物質であるセロトニンやメラトニンという成分が分泌されます。これらの成分は自律神経を調整する働きを持つ為、性欲を掻き立てたり、勃起の力強さと深く関係していると言われています。

またセロトニン・メラトニンには血行を促進する効力もあります。男性器の勃起はペニスへの血流が多くなり引き起こる為、勃起の力強さと血行は切っても切れない関係にあります。このことからトリプトファンは男性機能に大きく関与する成分だということが分かります。血行促進し、体にエネルギーを与え、心を健康的かつ穏やかにしてくれる。

まさに元気の源とも言えるトリプトファンは現在精力剤の主成分としても大いに着目されているのです。

トリプトファンを意識して食事をとる

普段の食生活で効率よく取り入れよう

上記にもしましたがトリプトファンは食品に含まれている成分ですが、どれだけ含まれているかは食品の種類によって大きく異なります。意識的にトリプトファンを多く含む食品を口にしていれば、自ずと精力を保つ事ができるという事です。

そして個人差もありますが、失われた精力を取り戻す起爆剤にもなり得ます。サプリメントでも勿論結構ですが、普段の食事から意識してトリプトファンを積極的に摂取すればわざわざサプリメントに頼る必要はありません。

また食品からの摂取は金銭面での負担も軽減できます。トリプトファンは普段口にする食品や食材に多く含まれている成分です。どの食品にどの程度トリプトファンが含まれているかを知る事によって、自ら必要量のトリプトファンを摂取することができます。これなれば普段の食事が精力剤の代わりを果たしてくれます。

以下ではトリプトファンが多く含まれる食品・食材を紹介していきます。

トリプトファンを多く含む食材について

トリプトファンを多く含む食材は…

  • 肉類
  • 大豆製品(豆腐・納豆・油揚げ・味噌)
  • ハチミツ
  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 蕎麦
  • ゴマ
  • バナナ
  • たらこ
  • すじこ
  • ヒマワリの種
  • アーモンド

…etc

タンパク質を含む食品に多く含まれる

これらがトリプトファンを多く含む食材の代表例と言えます。これから見てわかることは、大豆製品や肉類などタンパク質を含む食品に多く含まれていることです。しかしだからと言って肉中心の食生活にしてしまうとコレステロールが溜まりやすくなりますし、肥満の原因にもなる恐れがあります。

精力剤の代わりだからと言っても、バランスの悪い食生活はおすすめできません。コツは普段馴染みのある料理への素材やトッピングとしてトリプトファンを多く含む食材を取り入れること。これが一番自然で美味しい摂取方法と言えます。

食材同士を掛け合わせて摂取する

いくらトリプトファンを多く含む食材、食品があってもそれを単体で食すとすぐ飽きが来てしまいます。こういったときは、食材同士を掛け合わせて摂取効率を上げましょう。

例えば大豆に着目してみます。大豆製品ではダントツに味噌汁がおすすめ。味噌汁には豆腐、油揚げ、味噌が含まれまれます。逸品の料理の中にトリプトファンを多く含む食材が3品も含まれています。このようにいつも食している料理の具材を意識するだけで自然かつ効率よくトリプトファンを摂取することができるのです。

以下ではおすすめの組合せメニューを紹介していきます。

ヨーグルト

ヨーグルトにはトリプトファンが100g中約50mg含まれています。このヨーグルトにトリプトファンが豊富に含まれるハチミツを入れます。普段ヨーグルトの甘味料にジャムや砂糖を混ぜているところをハチミツに変えるだけで約2倍のトリプトファンを摂取することができます。しかも美味しい。

更に、このトッピングにヒマワリの種やアーモンドを加えることによってより多くのトリプトファンを得ることができます。アーモンドは100g中約200mg、ヒマワリの種は100g中約310mgものトリプトファンが含まれていますので、効率よく摂取することができます。

納豆

納豆には100g中242mgのトリプトファンが含まれます。これに生卵を落とします。卵にも100g中約200mgのトリプトファンが含まれていますので、かなり摂取効率を上げることができます。

また、味付けに大豆由来の味噌を使うと更に効率を上げることができます。また、タラコ(100g中約300mg)もトリプトファンが多く含まれるので納豆+タラコという組合せも良いでしょう。

蕎麦

蕎麦にはお米の約2倍のトリプトファンが含まれています。(100g中約200mg)この蕎麦に納豆を入れ、納豆蕎麦で頂くと摂取効率は倍以上になります。冷たいお蕎麦はこれから暑くなる季節でもすんなりと食べられる為、夏場の精力を養うにはもってこいです。

牛乳

飲み物では牛乳がおすすめ。牛乳には100g中40mgのトリプトファンが含まれています。ジューサーがあればこれにバナナやハチミツを入れオリジナルのバナナジュースにするとトリプトファンを多く摂取出来ます。豆乳と牛乳を1:1の割合で使うのも有りです。これからの暑くなる季節には氷を入れるとさらに飲みやすくなります。

自宅での晩酌も意識すること

自宅での晩酌の際にも意識すると、トリプトファンを多く摂取することが出来ます。元々お酒のおつまみはタンパク質を多く含むものが多くあります。つまりトリプトファンを含む食材はお酒との相性が良い傾向にある、という事です。

  • 冷奴
  • チーズ
  • タラコ
  • すじこ
  • 納豆

これらはお酒との相性はバツグンです。更に蕎麦で締めて床に着けば完璧です。美味しいお酒を飲みながら、無理なくトリプトファンを摂取できる。理想的な摂取方法と言えます。

続けるコツは無理なく、美味しく

常にトリプトファンを意識すること

何でもストイックに続けることは精神的な負担が大きく、ストレスを抱えることになります。

例えば毎朝納豆をご飯にもかけずそのまま食べ続けたとします。1~2日は我慢できるかもしれませんが1週間も続けるともう嫌気が指すはずです。トライするのであれば、楽しいに越したことはありません。従って、上記したような組合せの手法で効率良くトリプトファンを摂取し、美味しく楽しく性を養うことをおすすめします。

また、トリプトファンの1日の摂取量は6,000mgが上限となります。トリプトファンは確かに血行促進、滋養強壮、自律神経の調整する効果などがあり、精力の源として大きな役割を果たす成分です。

しかし摂取し過ぎると肝臓に負担をかけてしまいます。特にお酒と同時に摂取する際には十分注意が必要です。肝臓はアルコールを分解してくれる臓器でもあります。アルコールとトリプトファンを含む食品を同時に多量に摂取するのは肝臓に大きな負荷を与えてしまいます。

酷い場合、肝硬変などの大病にも繋がりかねませんので気をつけながら摂取するよう心がけましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る